ROLFING® Structural Integration
アスリートの方へ
アスリートは常にケガなどの身体に対するケアが必要不可欠です。身体全身に張り巡らされている筋膜組織を不安定化する引き金となる組織の癒着や萎縮は、トレーニングや試合、ケガなどによって引き起こされます。ロルフィングはこれらのストレスを軽減させ、慢性的なケガを解消し、より早く治癒されるような身体を作り上げていきます。もし高いレベルで戦うような選手達がロルフィングを受けていたら彼らの大敵であるケガも減ることになるでしょう。ロルフィングは高いレベルで競技をするアスリートにとってとても価値のあるものです。身体全体のバランスを整え、身体の軸を見つけ、よりリラックスした状態でパフォーマンスできるようになる為、本来自分が持っている潜在価値を最大に引き出すことが可能になります。このため多くのプロスポーツ選手やトレーナー達がロルフィングを薦めています。


当スタジオには多くのプロ競輪選手、野球選手、サッカー選手、ダンサー、ヨガやピラティスのインストラクターの方々が更なるパフォーマンス向上、身体意識向上、怪我によるバランス改善等、それぞれのゴールを目指しロルフィングを取り入れています。


“ロルフィングを受けてから、個々の関節を意識出来るようになって、筋力を無駄に使う事が無くなり今迄に無い新しい感覚で捉えられ、この年齢になっても競技成績が上がり続けています。”
プロ競輪選手・S級1班 濱口高彰選手 40歳


“ゴルフのスイングのヘッドスピードが以前は43km程だったのですが、ロルフィングを受けたら50kmまで上がりました”
30代 会社員


“ロルフィング10シリーズ終了後、ゴルフで人生初のベストスコア(70)が出ました!”
30代 自営業


“ロルフィングを受け、劇的に体が変化したのを実感しています。いつも一緒にゴルフをしている仲間からも、何かしたの?と驚かれます。今までは感じられなかった体の部位や体の使い方がクリアに感じ取れるようになり、ミスショットをした際や不調時の修正が効率よく出来るようになりました。教えるにあたっても自分の体のセンサーが多くなったことにより、より的確なアドバイスが出来るようになりました。もっと早くロルフィングに出会っていればよかったなぁ。。。”
30代 ゴルフコーチ

ロルフィングを推薦するアスリート達:
Michell kwan 1998オリンピック銀メダリスト
Elvis Stojko 1998オリンピック銀メダリスト
John Bauer 1992&1998ノルディック スキーヤー
Grant Ernlardt USチーム バイアスロン選手
Gary Colliander バイアスロン選手
Bob Tewksbury MLBピッチャーミネソタ・ツインズ
The Phoenix Suns NBAバスケットボールチーム
Danny Ainge NBAバスケットチーム選手
Charles Barkley NBAバスケットチーム選手
Mark West NBAバスケットチーム選手
A. G. Green NBAバスケットチーム選手
Sarah Will 1998 USスキー・パラリンピック金メダリスト
Sharon Sander USパンタスロン・チーム
Joe Greene USAロングジャンプ銅メダリスト
Craig Swan MLBピッチャー NY メッツ
Tom Seaver MLB選手
Ivan Lendl テニス選手
Edwin Moses オリンピック選手
Bob Bowers スカッシュ カナダ代表 トレーナー
Mike Way スカッシュ カナダ代表 コーチ



Top 10シリーズ 筋膜 心とからだ  もっと詳しく知る 創始者 スキルフルタッチ アスリートの方へ 料金・場所・お問合せ メルマガ
スタジオ&ロルファー紹介 体験談
 Link メディア ロルフムーブメント  ワークショップ情報&NEWS リサーチ  ヨガ&ピラティス Q&A アフターケア
Copyright (c) 2005 Masaaki Miyao. All Rights Reserved