ROLFING® Structural Integration
Q & A

<予約>
Q. セッションの予約は10回分まとめてするのでしょうか?

<セッション>
Q. 一般的にどれくらいのペースで皆さん受けてみえますか?

Q. セッションでは何を着ればいいでしょうか?

Q. セッションの相場はいくらですか?
Q. セッションを受けられないのは、どういう時でしょうか?
Q. セッションを受けた後にすぐ運動しても大丈夫ですか?
Q. セッション前に気をつけた方がいいことはありますか?
Q. セッション後に気をつけた方がいいことはありますか?
Q. セッションの費用は10回分まとめて支払うのでしょうか?

<ロルフィング>
Q. ロルフィングはマッサージとどう違いますか?
Q. どんな方がロルフィングを受けにみえますか?
Q. 肌が弱く、オイルなどでかぶれてしまいます。ロルフィングでは何か使われますか?
Q. ロルフィングの効果は持続しますか?
Q. ロルフィングは治療ですか?
Q. 手技の圧は強いですか?

<10シリーズ後>
Q. ロルフィング10シリーズの後はどうしたらいいですか?
Q. ポスト10シリーズとは何ですか?
Q. ポスト10シリーズはいつごろ受ければいいのでしょうか?
Q. ポスト10シリーズの内容はどう決めるのですか?


<予約>
Q.  セッションの予約は10回分まとめてするのでしょうか?
A.  まとめて予約する必要はありません。何回か分を予約していただいてもいいですし、毎回次回の予約をしていただいても構いません。スケジュールのうまりが早いため、ご希望の日時があるようでしたら早めの予約をおすすめ致します。

<セッション>
Q.  一般的にどれくらいのペースで皆さん受けてみえますか?
A.  一番多いケースは1~2週間に1回で、それが理想的ともされています。ですが中には、お仕事の都合、ご家庭の都合、お住まい環境などにより月に1度のペースでセッションを受けてみえる方もみえます。一番ご自身が無理せず楽しく通えるペースが一番良いと思います。
ただしプロスポーツ選手や、頻繁にエクササイズやスポーツ等を行っている方には、できる限り1週間に1~2度のペースで来ていただいています。

Q. セッションでは何を着ればいいでしょうか?
A. 男性はボクサーパンツもしくは水着、女性は上下セパレートの水着や下着、フィットネスウェアをお願いしています。ロルフィングでは直接皮膚にアプローチしていくため、皮膚が出ている部分が多い方が望ましいです。
絞めつきすぎず、心地よく着られるものをお選びください。
セッション中は上にシーツやブランケットなどをかけさせていただきますのでご安心ください。

Q. セッションの相場はいくらですか?
A.  セッションを受ける場所にもよりますが、多くは12000円です。10000円から18000円の間でセッションが行われています。
Q. セッションを受けられないのは、どういう時でしょうか?
A. セッション前の飲酒、悪性腫瘍(術後5年以内の方)。
精神科の治療を受けられている方や最近受けたばかりの方は医師による同意なしでは行えません。
その他骨粗しょう症など気をつけなくてはいけない症状/病状もありますが、お申し込みの際にメールにてご相談ください。
Q. セッションを受けた後にすぐ運動しても大丈夫ですか?
A. セッションで得た新しいバランスや感覚がなじむための時間が必要なので、軽いウォーキングなどは大丈夫ですが、ジムでの筋トレをはじめ、激しい運動や局所的な運動はセッション後約24時間避けるようにお願いしています。
Q. セッション前に気をつけた方がいいことはありますか?

A. 飲酒はもちろんのこと、食べすぎ飲みすぎには気をつけてください。鎮痛剤の服用も避けてください。
Q. セッション後に気をつけた方がいいことはありますか?
A. 水をしっかり取り、できるだけ休息するようにしてください。
筋肉痛になるような激しい運動や、マッサージや指圧を受けることはできれば避けてください。針灸やヨガなどでゆっくり穏やかにからだを動かすことは、問題ありません。

支払いに関する質問
Q. セッションの費用は10回分まとめて支払うのでしょうか?

A.  まとめてではなく1セッションごとにお支払いいただきます

<ロルフィング>
Q.  ロルフィングはマッサージとどう違いますか?

A.  ロルフィングの大きな特徴は、1.筋膜に手技と動きからアプローチする 2.からだ全体のバランスを重力下の中で効率的に動けるようにムーブメント教育を行う 3.構造(筋膜のバランス)と機能(習慣づいた動きの改善)の両方からアプローチする 4.クライアント自身に自分のからだの体内・体外感覚をロルフィングを通じて高めてもらう

よくロルフィングはディープティシューマッサージや筋膜リリースとしてみられますが、10回のシリーズをかけて、原則にのっとり最適のバランスを見つけ出していくという大きな違いを持っています。

Q. どんな方がロルフィングを受けにみえますか?

A. 老若男女問わずいらっしゃいます。お仕事も、プロスポーツ選手、芸術家、ビジネスマン、主婦、学生など様々です。
ロルフィングを受けるきっかけとしては、腰痛、肩こりなどをはじめ、ヘルニアや分離症などの症状をお持ちの方、術後のリハビリをかねてみえる方から、しなやかな動きやウォーキングを目指す方、特に痛みがあるわけではなくても自分の行っているスポーツやダンス等の向上のためにみえる方、姿勢が悪いと感じてみえる方等それぞれ色々な理由でスタジオ380にいらっしゃいます。


Q.  肌が弱く、オイルなどでかぶれてしまいます。ロルフィングでは何か使われますか?

A. サブとよばれる蜜蝋を使用することがあります。ただ、それは乾燥した肌を手技でこすらないようにするためだけのモノなので、水での代用もしくは何もつけずに行うことが可能です。申し込み時にご相談ください。

Q.  ロルフィングは治療ですか?

A. ロルフィングは治療ではありません。
病気の処置には関係がなく、医学的診断や処置に代わるものではありません。


Q. 手技の圧は強いですか?

A. 個人個人のからだの状況によって違います。弱いタッチが必要な箇所や必要な方には弱いタッチを。逆に強いタッチが必要な方には強いタッチを使います。しかし、受けてが痛みを強く感じるほどの強さは体に緊張を施してしまうので使用いたしません。

<10シリーズ後>
Q. ルフィング10シリーズの後はどうしたらいいですか?

A.  特に何か気をつけることなどはありません。10シリーズ後も変化は続いていくので、その変化に気付き、楽しい日々をお過ごしください。

Q. ポスト10シリーズとは何ですか?

A. 10シリーズ後に行うセッションのことです。通常10シリーズ後はじめてのポスト10では3~7回等のシリーズで行いますが、チューンアップセッションとして単発セッションを受けられる方もいらっしゃいます。

Q. ポスト10シリーズはいつごろ受ければいいのでしょうか?

A. 10シリーズ後はしばらく変化が続くので、ベーシック10シリーズの変化が落ち着いた頃(2ヶ月から半年後)が目安です。スポーツをしている方は早めに"そろそろ"と感じることもありますし、半年~1年たっても毎日元気にロルフィングの効果を持続させてみえる方もいらっしゃいます。

気持ちとしては、美容院や床屋に行くタイミングのように、"そろそろかな"と思ったらポスト10に来てみてください。

Q. ポスト10シリーズの内容はどう決めるのですか?

A. 個人によって違ってきますが、実際お会いして相談して決めていきます。10シリーズ後にさらなる改善を目指す場所が見つかった方の場合はそこをテーマにし、そこを改善するために必要なシリーズ回数を相談しながら決めていきます。または、チューンアップ的なもので、1回だけのセッションを受ける方もいらっしゃいます。

Q. ルフィングの効果は持続しますか?

A. ロルフィングの効果は、セッションを終えた後も持続するだけでなく、さらに向上することが期待されます。 筋膜はゆっくりじわじわと変化していきます。10シリーズのように10回のセッションが1つのシリーズにされている理由もそこにあります。からだのバランスを整えていくうえで、一度に大きな変化を受けると体が受け入れられないことがありますが、10回のセッションに分けることで、その人のからだにとって受け入れられるよう調節しながらすすめていきます。それもふまえ、変化はじわじわと広がり、人によっては10シリーズ後半年~1年もその変化は続きます。

また、ロルフィングの特徴の1つとして、機能(動き)的観点でも見ていくことが上げられます。10シリーズを通じて今まで習慣になっていたからだの使い方だけではなく、他のからだの使い方を発見していくことによって、使い方の幅は増えていきます。そして体内・体外感覚も高まることによって、10シリーズ後も自分のからだをどう使っているのか、どう感じているのかを以前よりも認識しやすくなるのです。それも効果が持続するだけでなく、さらに向上していく理由です。


      
参考文献   ・Rolf Institute Phase 3, Pedro Prado, 2005  
Top 10シリーズ 筋膜 心とからだ  もっと詳しく知る 創始者 スキルフルタッチ アスリートの方へ 料金・場所・お問合せ メルマガ
スタジオ&ロルファー紹介 体験談
 Link メディア ロルフムーブメント  ワークショップ情報&NEWS リサーチ  ヨガ&ピラティス Q&A アフターケア
Copyright (c) 2005 Masaaki Miyao. All Rights Reserved