ロルファー紹介 | ロルフィングスタジオ380名古屋|金山 アドバンストロルファー™在籍

ロルファー紹介

宮尾昌明

米国ロルフ・インスティテュート認定アドバンスト・ロルファー™
米国ロルフ・インスティテュート認定ロルフムーブメント™・プラクティショナー
IASI認定プラクティショナー

▼著書

硬いからだもムリなく伸びる! らくらくストレッチ

宮尾昌明

16歳からスカッシュを始め、現在も選手として活躍中。今までに椎間板ヘルニアやアキレス腱断裂2回と、大怪我を経験。一度は医師に競技をあきらめるよう言われたものの、ロルフィングを通じ見事復活。身をもって体のバランスや使い方の大切さを感じた事をきっかけに、ロルフィングに興味を持ち、ロルファーになる事を決意。2000年から4年半ほどカナダのトロントに滞在し、ロルフィングがどう運動・パフォーマンスに影響するかという事を勉強する。帰国後も積極的にワークショップ等に参加し身体統合への知識を深めている。
病院での施術や、治療家を対象としたワークショップ等の開催など、幅広い分野でロルフィングを提供している。プロスポーツ選手からお年寄りまで幅広い年齢層の方に定評があり、それぞれのクライアントにあったロルフィングを提供し、より“効率の良いからだ作り”のお手伝いをしています。

海外からアーティストが来る時はバックステージのセラピストとしてオファーを受けることがあり、今までオファーを受けたアーティストにはNorah Jones, Megadeath, Destiny’s Child, Nickelback, Beyonce, Christina Aguilera, Sting/Policeがいる。

2006年8月 Fascial Layers,Embryology and the Nervous SystemWS受講(講師Kevin McCoy)
2007年3月 若田接骨院にて治療家を対象とした手技ワークショップを月1で開始
Anatomy Trains ワークショップ受講(講師Tom Myers)
2007年9月 バイオダイナミックスWS 受講(講師Carol Agnessense)
2007年9月 豊橋整形外科向山クリニックにて手技ワークショップ開催
2008年1月 骨盤の内在筋WS受講(講師Tom Myers)、アシスタントも務める
2008年9月 カリフォルニア州バークレーにてロルフィング・アドバンスドクラス受講
The Rolf Institute(米国ロルフ研究所)認定アドバンスロルファーになる
2009年5月 アナトミートレインズin名古屋主催/アシスタント
2009年11月 ロルフィング・アドバンスクラスinブラジル/聴講
2010年2月 アナトミートレインズin東京/アシスタント
2010年6月 東海医療科学専門学校にて筋膜リリース・セミナー開始
2010年7月 解剖ワークショップinコロラド主催
2011年4月 アナトミートレインズ・セミナーin東京/アシスタント
2011年5月 アナトミートレインズ・セミナーin名古屋/主催
2012年3月 Biomechanics of Alignment by Liz Gaggini 参加
2012年3月 第3回国際筋膜学会inバンクーバー 参加
2012年12月 Core Integration/Basic Visceral by Liz Gaggini 参加
2013年12月 Advanced Biomechanics of Alignment by Liz Gaggini 参加
2015年4月 アナトミートレインin名古屋 主催
2015年5月 Fascial Integration SVLB/SVMB by Bruce Schonfeld 参加
2016年3月 神経マニピュレーションby Jon Martin 参加
2016年5月 Fascial Integration SVCH by Bruce Schonfeld 参加
2016年10月 神経マニピュレーション by Jon Martin 参加
2017年6月 冷凍献体解剖クラスinコロラド 主催
2017年9月 筋膜インテグレーションSVLB/SVMB by Bruce Schonfeld 主催
2018年3月 アナトミートレインin大阪 アシスタント

 

小鹿有紀(おじかゆき)

米国ロルフ・インスティテュート認定アドバンスト・ロルファー™
米国ロルフ・インスティテュート認定ロルフムーブメント™・プラクティショナー
ピラティス・インストラクター(Peak Pilatesフル認定コース修了)
日本ロルフィング協会理事役員

▼著書

ヒントは自分のカラダの中にある~賢いカラダづくり~
硬いからだもムリなく伸びる! らくらくストレッチ

1978年生まれ。名古屋市出身。

愛知淑徳中学、高校を経て渡米。米国コロラド大学ダンス学部卒(BFA・モダンダンス専攻)。

幼少期からダンスをはじめ、その他にもスキー、テニス、ピアノ、習字、柔道なども学ぶ。

中でも中1から高2まで続けた柔道はいまだに大きな影響を与えている。

大学在学時、全米大学ベストダンサーにノミネートされ、自身のソロ振付作品でワシントンD.C.のケネディーセンターの舞台に立つ。功績を認められ、大学4年時には奨学金も授与。

在学時からトップ・ダンサーとして所属していたダンス・カンパニーのトレーニングを通じて、ヨガ、気功、合気道、舞踏、アフリカン・ダンスなどにも触れる。また、ソーシャル・ダンスとモダン・ダンスを融合したカンパニーにも所属し、振り付けも担当していた。

2005年米国ロルフ・インスティテュートを卒業し、認定ロルファーとなり帰国。

2006年にブラジルにてロルフムーブメント・プラクティショナーの資格を、ロルフムーブメント界の権威Hubert Godardの指導する最後のコースにて取得。

2008年、ブラジルにて認定アドバンスト・ロルファーの資格を取得。

継続教育として、内臓マニピュレーションをはじめ、構造や機能に特化したコースや産前産後のワークなど受講。その他にも、ロルファーやロルフムーブメント・プラクティショナー養成コースの通訳やアシスタント・インストラクターをつとめ、アナトミートレインWSのアシスタントなど、関わってきたロルフィング関連のコースは莫大である。ロルフィングを生業にしていく中で、ロルフィングとピラティスの相性の良さを痛感し、自らもピラティスの資格を取得。2012年頃にフル認定を取得。その後、継続教育や、産前産後に特化したFusion Pilatesも学ぶ。

ロルフィングの各種トレーニングや継続教育WS、ピラティスではKane School、Polestar Pilates、Power Pilatesなどでも通訳を務める。

講師歴は、企業/団体委託としては、(株)ルネッサンス、フィットネスセッション、JASTA、(有)ホットゾーンゼロ、(株)ぜん、ボディーワーク・フェスタなどで主にトレーナー、ヨガやピラティスを含むインストラクターを対象にした継続教育セミナーでの指導経験がある。

ロルファーユキのブログ http://ameblo.jp/rolfer-yuki

スタジオ紹介

ロルフィングスタジオ380には中部・東海エリアでもっとも経験を持つロルファー&ロルフムーブメント・プラクティショナーが2人在籍し、クオリティの高いロルフィングを提供しています。セッションでは多彩なムーブメントを取り入れ、より効率の良い“身体意識の向上&身体動作の再教育”へとつなげていきます。

当スタジオにはこのエリア唯一の女性ロルファーが在籍しており、今まで男性からワークを受けることに抵抗があった方にも安心してロルフィングを受けていただけます。

2007年4月からはBODY BY ROLFING(ボディ・バイ・ロルフィング)としての活動を開始。“自分でつくる理想のからだ”をテーマに、関東(東京・横浜・鎌倉)・名古屋でのピラティス×ロルフィング、ヨガ×ロルフィング、セルフメンテナンス、ストレッチ、バレエ×ロルフィングなど新しい形のワークショップを展開し、多くのリピーターを得ています。
また、ヨガやピラティスのインストラクターを対象にクラスやセッションのクオリティ向上を目指すワークショップを開催したり、治療家を対象とした施術に役立つ“筋膜の触れ方”や“ロルフィング的からだの見方”等の手技のワークショップも病院や接骨院で行い、多くの治療家の方々にロルフィングのアイデアを広める活動も継続中です。
現在、名古屋に拠点を置きながら、毎月関東でもセッション&ワークショップを行っています。

ワークショップ情報はこちら

ワークショップ等の企画に興味をお持ちの方はご相談下さい。

当スタジオを訪れるクライアントさんには下記のような方がいらっしゃいます。
※下記は当スタジオにいらっしゃる方々の一部であって、職業、症状、年齢に関して様々な方がいらっしゃいます。

<職業>
ビジネスマン、経営者、OL、プロ競輪選手、野球選手、ゴルファー、サッカー選手、トライアスロン選手、格闘家、ロードレーサー、スイマー、ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター、ランナー、医師、形成外科医、歯科医師、獣医師、看護師、理学療法士、作業療法士、整体師、柔整講師、鍼灸師、アロマセラピスト、料理研究家、専業主婦、音楽家、ダンサー、学生など

<症状>
椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、靭帯断裂、更年期障害、四十肩(五十肩)、慢性肩こり、慢性腰痛、坐骨神経痛、術後ケア(乳がん、子宮筋腫、卵巣摘出など)、捻挫、オズグッド病、側湾症、産前・産後のケアなど

<年齢>
12歳~83歳
(現在当スタジオに来られている方の年齢層です。ロルフィングを受けるにあたり年齢制限はありません)

運動をまったくされない方からトップアスリートまで、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い分野&年齢層の方がロルフィングを受けています。

 

 

他のロルファーから10シリーズ途中まで受けられた方も当スタジオで引き継ぐことも可能です。またはポスト10やアドバンスシリーズのみの受付も行っています。

当スタジオのロルファーは、豊富な経験を活かし、クライアントに合わせた施術を心掛けています。圧が強すぎるなど、苦痛を感じた際には遠慮なくお伝えいただいて大丈夫です。

 

慢性の痛みやからだの不具合、怪我後に残る違和感等、心当たりのある方もご相談下さい。