セミナートップ

様々なセミナーを開催しています

「セルフメンテナンス」

特に10シリーズを受けられている方や、10シリーズ終了後のアフターケアとしてとてもオススメなクラス。このクラスではご自身で体のメンテナンスを可能にするメソッドをわかりやすくお伝えしています。意識の仕方や、ロルフムーブメントを活用したちょっとしたエクササイズ方法、より効果的なストレッチ方法等、個々にあった方法をお伝えしています。

毎回異なるからだの部位をテーマに体のつながりを体感していきます。

「ホリスティックシステム」

指導者やインストラクターにオススメの「ホリスティックシステム」。

動きを引き出す指導能力をあげ、実践での効果を引き上げる、

トレーナー・各種インストラクター・運動指導者、

プロのためのロルフィング®セミナーシリーズ ホリスティック・システム

動きの本質にアプローチし

パフォーマンスを激変させる指導者へ。

「冷凍献体解剖実習inボルダー/コロラド」

2010年より始まった「動きを解剖する」をテーマに掲げた解剖実習クラス。

毎回参加者全員がより深く学べるよう定員18名と言う少人数でクラスを開催しています。

実際に自身で解剖することで解剖学の知識を深め、教科書には載っていない生きた解剖学。

このクラスでは腐敗処理の施されていない冷凍献体で実習を行っていきます。

内臓や関節可動域等の動きが全く異なり、より生きた解剖学を学ぶ事が可能になります。

我々が企画しているこの解剖実習クラスでは、解剖経験豊富なインストラクターの元、身体すべてのシステムと構造を解剖し触診していきます。

部分的な理解で終わってしまわない様、身体全体のつながりにフォーカスをおきながら実習を進めていきます。

『動きを解剖する』というテーマ通り、身体全体のつながりや筋膜のつながりに着目したこの解剖実習クラス、この機会に是非ご参加下さい。

施術や指導の確実なレベルアップにつながります!

その他クラス:

毎年5月にはロルフィング創始者アイダロルフ生誕を祝い、全国で多くのロルファー仲間がワークショップ等のイベントを行っています。

当スタジオでも5月にはイベントを行っています。詳しくはトップページのNEWSよりご確認下さい。

その他セミナー/ワークショップ等の告知は当サイトNEWSやフェイスブックページ等でも発信しています。

そしてスタジオFacebookページへの「いいね!」もお願い致します。

NEWS

Integrative Strategies: 神経筋膜&内臓筋膜の探求

Intregrative Strategies: 神経系筋膜&内臓筋膜の探求
【滑液嚢、神経/血管の筋膜、頭蓋底と静脈排出路】

このクラスでは戦略やシリーズで見ていくワーク、セッションのゴールなどを探求していきます。

新しい内容としては以下のものへのアプローチが含まれます。
-滑液嚢
-肩甲帯の神経血管の筋膜
-骨盤帯と軸骨格
-内臓から背骨への関係性
-頭蓋へのアドバンステクニック

このクラスで学ぶテクニックは、頭が前に出た姿勢や、胸椎や腰椎の動きの制限に関係した慢性痛、骨盤や下肢が関係する腰や股関節の慢性痛などの長期に渡り起こっている問題に対応する手助けになるでしょう。

新人からベテラン施術者まで、全ての施術者が学べる内容となっています。

※以下の構造をモビライズするテクニックを学んでいきます。

・肩、肘、股関節、膝の滑液嚢
・股関節、膝、足首&肩、肘、手首の神経/血管筋膜
・仙骨と骨盤、骨盤と背骨、大腰筋と横隔膜などに関係する関節への具体的なバイオメカニカルワーク
・腹部や胸部の内臓から背骨のモビリティーに関わる内臓関係ワーク
・頭蓋底や静脈排出路へアプローチする頭蓋へのアドバンスワーク
・肩甲帯、骨盤帯を調整するトラッキングテクニックと、四肢と軸のコネクションの統合に働きかける背中へのワーク

神経系筋膜と内臓筋膜の理解を探求していきます。

講師: Jonathan Martine

Jonathanは1990年にロルファーTM、1997年にアドバンス ト・ロルファーとして認定されました。1993年からロルフ・インスティ テュート®のファカルティー・メンバーです。Steven Sanet DO、Jean-Pierre Barral、Alain Crobier DO、Ron Murray DOM, PT、 David Butler,PT、 Michael Shacklock、Diane Jacobs、Chiropractor/ Rolfer Don Hazen、Chiropractor/Neurologist Dr. Michael Allenらに 師事し、神経、内臓の筋膜に関連したワークをまとめ上げてきています。
日本へは、2001~2年の第1回目のロルファー養成トレーニングの講師として来日。2015年&2016年に 神経筋膜モビライゼーションのワークショップの為再来日。本年は4度目の来日となります。

http://jonathanmartine.com

対象: 全ての治療家、理学療法士、柔道整復師、SIプラクティショナー、ボディワーカー、神経モービライゼーション/筋膜インテグレーション受講者、クラニオセイクラルやリスニング・タッチをバックグラウンドとするボディワーカー

定員: 24名

場所: 貸会議室 内海
〒101-0061 東京都 千代田区神田三崎町3丁目6番15号

受講料: ¥151,200

申込み/問合せ先: info@rolfing380.jp

主催者: ロルフィングスタジオ380代表
宮尾 昌明 http://rolfing380.jp

メールのタイトルにクラス名を明記して下さい。

キャンセルポリシー: 1月31日まで全額返金。
参加権の譲渡は問題ありません。

出来る限り多くの皆様に今回のクラスを知って頂きたく思っております。是非イベントページをシェアして頂けると嬉しいです^_^    https://www.facebook.com/events/211787303103855/

宜しくお願い致します。
NEWS

Jon Martine氏来日決定!名古屋クラスのご案内

3月21日〜31日にかけてロルフ・インスティチュート講師メンバーの1人であるJon Martine氏を日本に招き、名古屋と東京でテーマの異なる2つのクラスを開催致します。

 

まずはこちらのクラスからご紹介!

3月21日〜24日は名古屋で開催予定の
【Spinal Therapeutics】
背骨/側湾症に特化したクラス内容です。

ここ数年をかけ、もう1人のRolf MovementインストラクターSuzanne Picardと共同で作り上げてきたこのクラス。今回はJonのリードで遂に日本開催決定です❗️

詳細はFacebookイベントページでご確認下さい。

名古屋で彼のクラスが受講出来る貴重な機会です。是非ご参加下さい。

※皆様是非イベントページのシェアをして頂けると幸いです どうぞ宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月28日〜31日は東京で
【Integrative Strategies for SI (仮): 滑液嚢、神経/血管の筋膜、頭蓋底と静脈排出路 】

↑このクラスは、神経系筋膜と内臓筋膜のクラスの内容を延長させたものです。

オープンクラスではありますが、今まで神経モービライゼーションや筋膜インテグレーションを受講された方々には特に役立つ内容が詰まったクラスとなります。

 

こちらは後日、クラス詳細の日本語訳がまとまり次第イベントページで告知させて頂きます。

セミナー

ホリスティック・システム11期名古屋金曜コース募集中

ロルフィング®︎のムーブメント理論を身体で学ぶホリスティック・システム10期のピラティスインストラクター古澤麻衣子さんが、先日のクラスの感想をシェアしてくださいました♪

大事にしているポイントをおさえてくださっていて嬉しい!

「ダメ出しはしない。面白おかしく、ゲームみたいに、自分の癖と向き合っていく」

これ、大切。

現在2019年2月からの11期名古屋金曜コース募集中。ここだけの話ですが、このコースに限り、オンライン受講も試していきます。(諸々条件あり。聞いてくださいね。早速海外からの受講希望が!)

http://holisticsystems.strikingly.com/
(一部スタート時期が1月との記載箇所ありますが、2月です!追って修正します)

近々、12期名古屋日曜コースも詳細発表予定♪

セミナー

Fascial Integration/筋膜インテグレーション2019

【Fascial Integration/筋膜インテグレーション】

by Bruce Schonfeld

 

-ゴールデンウィーク開催予定/2019クラスin東京のご案内-

【Fascial Integration/筋膜インテグレーションとは】
ロルフィング®及びオステオパシーの施術者、指導者としての長いキャリアを持つブルース・ションフェルド氏が、その経験を基に独自に体系化した「筋膜インテグレーション」 と言う新しい手法を氏から直接、講義・実演を通して学べる、世界でも数少ない機会の1つとなります。

全身の筋膜の繋がりに着目し、姿勢分析、動作評価を基に、筋膜マニュピレーション、内臓マニュピレーションを通して、筋膜の張力バランスを整えていく手法です。特に、人体内において骨や筋肉で構成される頭蓋、胸腔、腹腔といった大きな空間と、そこに収まる内部の臓器の関係を、容器と内容物に例え、その間に存在する筋膜の繋がりにフォーカスして、その張力や圧力のバランスを整えていく所に特徴が有ります。このような特徴から、筋肉や骨格のみならず全身の繋がりや、それらを評価、調整する手法を包括的に学びたいと考えている方には、是非受けて頂きたい内容となっています。

2019のクラス構成は、下肢構造に焦点を当てたSVLBクラス3日間、上肢構造に焦点を当てたSVMBクラス3日間、頚部頭蓋構造に焦点を当てた3日間、全3部構成の9日間となっております。

【早割期間延長のお知らせ】
11月末で終了した早割期間ですが、クリスマスまで延長することを決定致しました❗️
先月末に間に合わなかった方、早割価格で受講頂ける最後のチャンスとなります
是非お申し込みください。

各クラス詳細はこちら

https://fascialintegration.com/

セミナー

講師ブルース本人よりメッセージが届きました!

 

ロルフィングスタジオ380主催、9月開催予定の筋膜インテグレーション考案者/講師のブルース・ションフェルド氏より日本の皆さんへメッセージが届きました!

直接本人から学べるこの機会!お見逃しなく!

筋骨格系と内臓のつながりに着目し、全身に張り巡らされた膜にアプローチすることで確実に結果を出していきます。

ロルファー、治療家、理学療法士、作業療法士、鍼灸師、トレーナー、ピラティスインストラクター等、普段身体に関わっている方が対象のセミナーです。

普段手技をされていないピラティスインストラクターやトレーナーの方々にも、普段のセッションの中で活用できる手技や評価方法が盛りだくさんです。手技に関しても「膜に触れる」という選択を増やす事により、お客様にもより変化を実感していただけるセッションとなります。

 

筋膜インテグレーション

ロルフィング®及びオステオパシーの施術者、指導者としての長いキャリアを持つブルース・ションフェルド氏が, その経験を基に独自に体系化した「筋膜インテグレーション」 と言う新しい手法を氏から直接、講義・実演を通して学べる、世界でも数少ない機会の1つとなります。

全身の筋膜の繋がりに着目し、姿勢分析、動作評価を基に、筋膜マニュピレーション、内臓マニュピレーションを通して、筋膜の張力バランスを整えていく手法です。特に上肢・下肢の筋骨格系の筋膜と、骨盤・内臓を含む腹部の筋膜の繋がりにフォーカスして手技を行っていく所に特徴があります。

下肢構造に焦点を当てた前半SVLBクラス3日、上肢構造に焦点を当てた後半SVMBクラス3日の2部構成の全6日となっております。

 

開催地域:名古屋市内

日時:2018年9月15日〜17日&22日〜24日

 

詳細はこちらのサイトをご覧ください。

 

講師来日時にはブルース本人によるプライベートセッションも受けることが可能です。

興味をお持ちの方は7月2日投稿の記事かこちらのサイトをご確認ください。

筋膜インテグレーション専用のサイトとなっております。